家を売る際にかかる税金

人生に一度あるかないか、それくらい大きな買い物となるのがマイホームの購入です。しかし、やっとの思いで手に入れたお気に入りのマイホームでも、売却することになる可能性があります。新しい住まいへの買い替えや、やむにやまれぬ何らかの事情があった時に、家を売る時がくるかもしれません。

家を購入する際にかかる主な税金として、契約のときに必要な印紙税家を登記するときに必要な登録免許税登記後の不動産取得税消費税があります。不動産取得税は、土地や家などの不動産を手に入れた個人や法人にかかる税金のことで、不動産を手に入れたときや、家を増改築したことなどによって、家の資産価値が上昇した場合にも課税の対象となり得ます。

税率は原則として4%となっていますが、条件をクリアすることによって、軽減される場合もあります。

また、家を所有している間にも、固定資産税や都市計画税を支払わなくてはなりません。

固定資産税は、毎年1月1日の時点で、土地や家屋、または償却資産を持っている人に課される税金で、資産価値によって算出される税額が変わってきます。

都市計画税は、地方税のうちの市町村民税にあたり、公園や道路などの都市計画事業や土地区画整理事業などに活用されています。

マイホームの購入や維持にかかる税金について簡単に紹介しましたが、家を売った後にも税金がかかるので注意が必要です。

家のような大きな財産を手放す際は、それ相応の準備が必要なので、事前にどんな支払いが必要なのか、税金についての基礎知識は持っておいて損はありません。

税額軽減の特例

参考リンク…家を高く売る研究 - 家売る方法