税額軽減の特例

Pocket

家を売るにあたって、税金については特例があり、条件を満たすことによって支払うべき税金を大幅に減らすことができるようになります。
マイホームに関しては主に、

  • 居住用財産の3000万円特別控除
  • 居住用財産売却の軽減税率の特例
  • 居住用財産の買い替え特例
  • 空き家に係る譲渡所得の特別控除

の4種類があります。
居住用財産とは、実際に居住している物件、または実際に居住していた事実があり、住まなくなって3年が経過した日の12月31日までの物件を意味します。

女の子居住用財産の3000万円特別控除は、所有期間の長さは関係なく、譲渡所得から最大で3000万円まで控除することができます。
居住用財産売却による軽減税率の特例は、居住用財産を所有していた期間が譲渡した年の1月1日時点で10年を超えている場合にのみ、課税譲渡所得の範囲が6000万円までであれば税率が下がるという特例です。
マイホームを売った後に買い替える時は、居住用財産の買い替え特例が適用される可能性があります。
空き家に係る譲渡所得の特別控除については、空き家を相続して、家屋を取り壊した後かあるいは耐震リフォームをした後にマイホームを売った場合、3000万円が特別控除されます。

特例は適用外となる場合もあるので、しっかり要件を確認するようにしましょう。わからないことがある場合は、税理士や税務署に相談することをおすすめします。


▽参考

家の買い替え体験談 | 高く家を売る研究

▽Relatedpost

家を売る際にかかる税金
家の売却時には確定申告を

Top